u.s.o. diary special number two

ダメ人間が三度帰還、しかし誰も待っていない!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7時20分起床。8時に家を出発。

登録実務講習を無難にこなす。最後のテストもあれは合格でしょう。

仕事を辞めてから一向に鳴らない僕のケータイに珍しく着信あり。留守電が残っているので聞いてみると、どうやらジーンズのリペアを申し込んだ古着屋かららしい。引き取り期限は2月いっぱいだというのに何をあせっているのかと思い、電話をする。なんと、今日限りで閉店とのこと。なんだこの予想外の展開は!

17時ごろに大通へ。もともと18時半ごろからの映画を見る予定だったが、とりあえず件の古着屋へ。なんか、身内で盛り上がっているところでした。ああいう内輪ノリが非常に苦手な僕は、とりあえずジーパンを受け取りつつ、せっかくなので何かを買おうと店内を物色。だが、ろくなものがねえ。最終的に「学生時代から行っていた古着屋閉店のタイミングで古着でないものを買う」という結果に。なんか、いろんな意味でしょっぱい。とりあえず購入した灰色のパーカーは役立ちそう。

18時ちょっと過ぎに映画館へ。今日の目的は『ディア・ドクター』。観客は20人弱。前にいた女の子がペ・ドゥナとUAを足して2で割った感じで非常に魅力的に映る。ダメ元で声をかけてみればよかったか。いやいや、自分のツラを見ろよ、俺!

21時過ぎ、帰宅。だらだらする。
スポンサーサイト
  1. 2010/02/01(月) 00:37:31|
  2. 虚構ネタ

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

無料ホームページ ブログ(blog)

ホームページランキングのザ・ランクテンに参加しています ページビューランキング

メールフォーム

メールを送れますよ。 全部読みますが返事をするかどうかはわからんですよ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。